風俗の究極ソープに行きましょう

風俗の究極系ならソープに行きましょう。ソープは女の子がお客さんをお風呂に入れてくれるお店で、もちろんその中には性的なサービスもあります。お互い全裸同士なのでほとんどのサービスが可能です。 お風呂に入れてくれるとは言っても最低限のエチケットとして家でシャワーくらいはしてきましょう。一般的には入浴料とサービス料は別になっているので、お店のフロントで入浴料を支払ってサービス料は部屋の中で女の子に払う形になります。最近では顔見せも可能なお店も多く存在するので、利用したほうがいいでしょう。時間的には60分あたりからの設定で長いものだと120分とかのコースもあります。長いように感じますが、女の子のペース配分はプロなので、1分もムダにすることなく楽しめる最高のサービスです。 病気の心配をする人もいると思いますが、たいていのソープ店の場合はお店側から定期的な検査を義務づけています。さらにお風呂に常に入るサービスなので女の子自体清潔で、お客さんにとっても安心してプレイできます。 金額は風俗の中でも高価だと言われますが、最高のサービスを受けるわけですから、行くと決めたらケチったりしないで、時間と料金を比較して準備万端で行きましょう。

ドSな風俗嬢

私はとにかく風俗が大好きです。 実は彼女はいるのですが、風俗に隠れて行っています。 なぜなら私はかなりのどMなので、なかなか彼女には言えないため、風俗で発散しています。 この前も風俗に行って、とにかくS系の女性をお願いしました。 来た女性はいかにもSぽい顔をしていたので、私はゾクゾクしていました。 まず無理やり自分のおっぱいを私の口にもってきて、舐めなさいと命令口調で言ってきました。 私はペットのようにおっぱいを舐めました。 その後は私を仰向けに寝かせて、彼女は自分の下着を脱いで、私の顔に自分のあそこをあててきました。 また私は犬のようにぺろぺろと舐めました。いわゆる顔面騎上というプレイです。 だんだんと興奮してきたので、私のあそこはギンギンになっていました。 それを見て、彼女は私のあそこに唾をかけて、上下に手コキを始めました。 だんだんと手コキが早くなって、高速手コキになると私がいきそうというと、ぴたっと手を止めて、まだだめと言って私の乳首をローターでいじってきます。 少し落ち着くと再度、手コキを始めて、また寸止めをされます。 私のあそこは、ビクンビクンと動いてもう我慢できない状況だったので、いかせて下さいとお願いしました。 いいよと言われて、かなり勢いよくでました。 この快感がたまりません。